縫い代ってなに?つけ忘れに気をつけて!知らないときの失敗

「縫い代」ってとっても大事

カットした生地は端がとてもほつれやすい。

 

生地を縫い合わせる時は

少し余分な生地

縫い代が必要です。

 

ミシンを使いはじめた頃

『縫い代』というものをよく忘れて

失敗をしていました。

 

生地をカットする時

縫い代をつけないと

できあがりサイズより

小さくなってしまい作れません。

 

よくミシンを使えば気づくのですが

たまに何かを作る時は

結構忘れてしまいます。


縫い代を忘れちゃうと…

 

子供用の小さなハンカチを作りました。

 

サイズは20cm×20cm。

生地は2枚縫い合わせて作ろう!

 

四角で直線。

簡単、時間もかからなそう。

 

それでは生地のカットです。

 

できあがりは20cm×20cm

だから20cmだねと

生地を2枚カットしました。

 

2枚の生地をあわせて待ち針でとめます。

 

縫い代1cmでぐるりと縫って

ひっくり返してできあがり。

 

…あらら?

おかしいぞ。

できあがりが思っているよりも小さいような…

 

寸法を測ってみると

18cm×18cmです。

なぜ?どうして?

 

!!

ここで自分が縫い代を付けないで

生地をカットした事に気づきました。

 

縫い代を1cmとって縫ったので

20cmから縫い代を1cmづつ

 

2cmも小さくなりました。

 

縫い代なし

 

 

もう生地をカットしてしまったので

縫い代を足す事なんてできません。
 

もう生地も残っていません。

 

できあがりサイズと同じサイズで

生地をカットすると

ミシンで縫った分

小さく出来上がります。

 

作りたい大きさにならないため失敗です。 涙、

 


できあがりサイズに縫い代を足そう

 

20cm×20cmのハンカチを作りたいときは

縫い合わせる時に

必要な縫い代を足して

カットしなければなりません。

 

 縫い代をとる  という事です。

 

縫い代をぐるりと1cm取ると

 

カットするサイズは

20cmに縫い代を1cmずつ足して

 

22cm×22cm

になります。

 

縫い代あり

 


同じ間違いをしないように

 

縫い代を知らない、忘れてしまうと

この間違いはよく起こります。

 

持っている型紙が

・縫い代なし であとから自分で縫い代をつけてカットするのか?

・縫い代あり でそのまま印をつけてカットしていいのか?

 

間違えないために

型紙に

縫い代 なし

縫い代 あり

と大きく書いておくようになりました。

 
縫い代ありなし

 


しかし

 

縫い代なし!

 

と大きく書いたのにもかかわらず

 

縫い代をつけ忘れて
またうっかりカット。
(しかもたーくさん!)

 

できあがりサイズより
小さくなってしまうため
使えません。 涙

 

自分で型紙をつくるときは

うっかり縫い代を付け忘れないために

 

初めから「縫い代あり」

 

縫い代込みのサイズで作るようになりました。

 

 生地をカットする前に確認しよう!

・縫い代はつけましたか?

 型紙は

・縫い代なし ですか?

・縫い代あり ですか?

大切な生地、材料です!
うっかりカットを防ぎましょう!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です