縫い合わせると出来上がりが見えてくる!ミシンがちょっと楽しくなる瞬間です

縫う前の準備と作業

生地に型紙を置いて
印付け

いざ使う生地を
ハサミでカット。

初めてのカット
本当に失敗しないか
これであっているのか

ちょっとでも曲がっちゃうと
どうしようっ!

切っちゃったらもう直せない!

ミシンを縫うまでの作業もドキドキです。
生地カット

布を待ち針でとめる

柄の向き
上下をよく見て

布を合わせ
待ち針でとめます。

・どの位置に針を刺したらいいのか?
・ずれているんじゃないのか?
・これであっているのか?

気になる様子です。


↓待ち針のとめ方はこちらです
きれいに生地を合わせましょう 待ち針の使い方

試し縫いをします

…無理です失敗しそう!
ミシンって早く動くからこわい!

使わない布で試し縫い

速度は安心
一番「遅く」ゆっくりに

手元のスタートストップボタンを伝え
縫いましょう。

針と布の動きに
慣れていきます
縫製_1

ミシンの縫い目を見てみます

試し縫いをした
縫い目を見ると

表側の上糸が
真っすぐピンっと張っています。

糸調子のダイヤルを見ると
上糸の強さがMAXになっています。

ダイヤルを調整して
綺麗な縫い目になるよう
直します。

スタートのときに片手が離れて不安

縫いはじめ と 縫い終わり

片手になるとずれちゃいそうでちょっと不安

縫いはじめは
はずみ車で針を降ろして
布に刺してから
スタートするようにしています。

縫いはじめは針はゆっくり動きますので
慌てずに。

布のどこの部分を持ったらいいか?

曲がらないように
布を引っ張りぐらぐら調整

布はそんなに引っ張らず

軽く両手を添えて
布を送っていきます。

↓ミシンを縫う場所の目安はこちらです。
どこを縫えばいいのかな?出来上がり線を縫うには?

返し縫いって?

そうそう!

縫いはじめ と 縫い終わり

糸がほつれないように

返し縫いをします。

同じ場所を何回か縫って
縫い目を強くします。

返し縫いレバーの位置を伝えます。

実際に使う布をミシンで縫います

準備した布を縫っていきます。

真っすぐ縫えるように

ゆっくり

曲がらないように

目印を見て
縫い合わせ_1

「できた!」

出来上がりがちょこっと見えて
とても嬉しそうです。

子供さんは興味津々

危ないから触っちゃダメよー!

お母さん何してるの?

じーっとミシンを見つめ

ミシンの天秤が出たり入ったりするところを
触ろうとしたり
気になる様子

お母さんお姉ちゃんのカバンを作ってるから待っててね!
びっくりするよ!^^

ミシン見学

この調子で縫っていきます

後は同じ繰り返し

パーツとパーツを縫い合わせていきます。

ー私の入園準備ー
お着替え入れ袋を作りました。

持ち手をつけました

子供にはちょっと長かったかも?
お着替え袋

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です