• 縫い目を直したい。きれいな縫い目にならない時にしている事-1

    by  • 2016年1月14日 • これやったら失敗しました, ちゃーちる日記, 上手に作るためのコツ, 作品作りポイント(ミシンの基本by.テトテ作家ちゃーちる) • 0 Comments

    縫い目がおかしい!!

    綺麗に出来上がるように
    生地をカットして
    待ち針止めて準備。
    丁寧に丁寧にミシンを進めていきます。

    綺麗にできたかな?

    表の縫い目がピンっとつっていたり、
    裏を返すと縫い目がぐちゃぐちゃだったり

    縫い目
    ※知人の出来上がり例。裏返したらこんな感じだったようです。

    やり直しって縫う作業よりも
    はかどらず時間がかかります。

    縫い目が綺麗にできない時
    ミシンに起こっている『何か』を
    解決しないと同じ症状が続きます。

    同じ場所を何回も縫ってやり直しはめんどくさい!
    やる気も無くなってしまうし
    失敗ってできれば避けて
    作業がスムーズに進むのが一番です。

    縫い目がきれいにならない時にしていること

    まず
    上糸、下糸を全部はずします。

    上糸のかけ直し
    下糸のセットの確認
    針のチェック
    下の釜の掃除

    をするようにしています。

    上糸をかけ直す

    正しい順番、場所に糸がかかっていないと
    ミシン目が綺麗に出ないようです。

    ミシンにセットしている
    上糸と下糸をすべて外して
    1から糸をかけ直します。

    1→2→3→4..と
    ミシン本体に書いてある数字の順番にかけていきます。

    押さえを上げてかけること

    上糸をかけるときは
    押さえを上げて糸をかけます。

    押さえを下げたまま上糸をかけると
    糸調子を取っている部分に糸が通らず
    正しい糸調子が取れないようです。

    下糸のボビンの入れ方を確認してみる

    なんか糸調子が不安定。

    注意をしていても下糸を向きを間違えて
    逆にセットしているときがありました。

    正しい向きにセット

    下糸のボビンをみて
    糸の巻き方を正しい方向にして
    下糸の釜にセットします。

    私の使っているミシンは
    糸がボビンの左側に出るようにミシンに書いてあります。

    巻き方の向きをよく確認してセットしています。

    下糸のセット

    針がきちんとセットされているか

    針を止めるネジが緩んでいないか
    針を奥まできちんとセットしているか
    針が曲がっていないか
    確認しています。

    下糸をセットする釜を掃除

    ミシンに付属している
    ネジ巻きを使用して
    針板をとります。

    ネジの外し方

    ミシンに付属している小さいブラシ、綿棒、ティッシュなどで
    溜まったホコリ、糸くずなどをとって綺麗にしています。

    思った以上にホコリがとれたときは
    なかなか気持ちがいいです。

    その他糸調子が悪かった原因

    それでも縫い目が直らなかった時。
    縫い目が綺麗にでない原因は一つではありませんでした。

    ・上糸の爪に糸が引っかかる
    ・下糸の巻き方が悪くふわふわ
    ・ミシンに合っていないボビンを使っていた
    ・安価な材料を使った
    ・針板、ボビン釜に傷がついていた

    こちらも書いていきたいと思います。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です