縫い目を直したい。きれいな縫い目にならない時にしている事-3

ミシンに合っていないボビンを使っていた時

糸を外してかけ直しても糸調子が直らない

下糸、上糸も正しく送られている

少しいつもよりも
ボビンが浮いているようながちゃがちゃと音がする気が

ミシンを購入したお店へ症状を伝えて
電話でやりとり

それでも改善しなかったため
ミシンをお店へ送りました。


お店へ届いてみると
【ミシンに合っていないボビンを使っていた】との事

正しいボビンに替えて縫った所
問題なく綺麗に縫えましたと
連絡がありました。

ボビンに種類があることを初めて知りました

私が使用しているミシンに合うボビンは

高さが11.5mm幅

間違って使っていたのは
それよりも高さが低いものでした。
ボビン高さ

今使っているミシンがJUKI
一つ前がジャノメ
実家の母がブラザー

使っていないボビンがあるので
何点が譲り受けた時に混ざったようで

持っているボビンを調べると
いくつか高さの違うボビンがありました。

ミシンに合ったボビンを使う

ミシンを使っていて
ボビンはなんでもいいと思っていたので
ボビンの違いがある事に全く気づきません。

正しい高さのボビンを使わないと
糸調子が悪くなってしまうようです。

今使用しているミシンに合うボビンだけを使い

サイズが合わないものはしまって
うっかり使わないようにしています。

安価な材料を使った時

手芸屋やさんになかなか行けない事が多く

自分で使用する材料はよくネットで安価で販売していた
糸を使用していました。

この値段ならたくさん縫える、失敗しても大丈夫
たっぷりあるしと購入しました。

糸が原因だと思っていないので
急に糸調子が悪くなり

何を行っても改善せず

購入したお店へミシンを送り
修理に出しました。

お店で見てもらうと

送る前に持っているたくさんの糸で試し

いつも使っている糸ではなく
別の糸を
ミシン本体と一緒に送ってしまいました。

お店に到着すると
特に問題なく縫えています。とのこと

なにも修理されず返却されがっかり。

使っている糸が原因だった

ミシンが戻り縫ってみると
やはり糸調子が不安定。

やはり綺麗に縫えないんですと
連絡をして

電話でお話をしながら
お店の方と原因を探っていきました。


ふと下糸を別の糸に替えてみた所
糸調子がすっと直りました。

もしかして
この安い糸が原因なのでは…

お店の方と話していると
安価な糸・ボビン、古い糸で糸調子がとれないケースがあるとの事

ちゃんとした材料を使う

すぐに手芸屋さんで糸を購入

縫ってみると何も問題なく
気持ちよく綺麗に縫う事ができました。

これに気づくまでに半年かかり

ミシンに向かっても縫えない

糸を取ってやり直してみても縫えない。

改善できず
やる気が起きず
本当に苦しかったです。

糸毛羽立ち
黒い糸の方 
毛羽立ちがあります。

下のベージュの方はつるんとしていて
綺麗です。

安価な糸、ボビンはなるべく避けて
ちゃんとした材料が大切と学びました。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です