ずれる、曲がる、間違える 型紙を使って生地をカット 気をつけているポイント

生地をカットするときの抑え方

カットする線を書いていく
生地の上に型紙を置いて
線を引いて行きます。

生地をカットするときは
平らな場所に生地を置いて
しわがないように伸ばして広げます。

テーブルなどでカットする時
生地が下に落ちてしまいそうなときは
重しを置いて生地がズレ落ちない様にしています。

使いたい生地の部分を決めます
カットする生地が
作る作品のどこの部分にでるかイメージして
使いたい生地の上に型紙を置き
カットしていきます。

  • 生地の柄に向きがあるか
  • 生地の上下
  • カットする所が曲がっていないか

確認します。

袋などで
底が わ にして作るときは
柄の向きがある生地の場合
デザインが上下逆にになる部分が出ますので
よく確認しています。

型紙置き方

型紙生地の向き


ずれないための工夫

型紙を生地にのせて
待ち針や重しでずれないようにしています。

待ち針でとめる
型紙をおいたら型紙の端の方を
待ち針でとめていきます。
出来上がりの線と直角になるように刺していきます。

たくさん布をすくうと
布と型紙が浮きやすく線が引きづらい、ずれてしまうので
ほんの少しだけ布をすくう様にとめています。

待ち針は細めの物を使うと
布が盛り上がったりするのが少ないです。

重しをのせる
ウエイトなど重しをのせて
型紙をずれにくくします。

待ち針でとめるよりも作業がはやいので
最近は重しをのせて線を引く事が多いです。

型紙待ち針重し

線をカットするとき
太いペンで書いたときは
外側と内側では
出来上がりの大きさが少し変わるので
型紙に大きさが近い
線の内側をカットするようにしています。

型紙線のカット


失敗しちゃったこと

線がずれた・合わない
線を引いていくと
始まりと終わりが合わないときがありました。

型紙がずれてしまい
引いた線に型紙を合わせてやり直し、

ずれて何度も線を書いて
どれがカットする線かわからなくなったこともありました。

型紙がずれない様に抑え、
ペンは水で消えるペンを使用するようになりました。

縫い代込み・なしの確認、書き忘れた時

カットする型紙が

  • 縫い代込み
  • 縫い代なし

かを確認しています。

縫い代を書き忘れて
カットしてしまうと
出来上がりの大きさよりも
小さくなって出来上がり
使う事ができなくなりました。

縫い代がない型紙は
型紙で出来上がり線を書いてから
縫い代をつけ忘れない様に気をつけています。

違う型紙で印をつけて生地をカットしてしまった時
作品を作るときは
1つのパーツだけではなく
たくさんのパーツから出来上がっています。

裏地に使用する大きな布を
別の型紙で小さくカットしてしまい失敗。
使えなくしてしまった事があります。

パーツにより大きさが違うため
カットする型紙が
何を作る型紙か
どこの部分の型紙か
確認して印付け、カットをする様にしています。


まとめ

生地を綺麗にカットできると
端もぴったり合うため
作りやすく、できあがりもきれいです。

  • 使う生地の部分を確認しましょう
  • 型紙がずれない様に待ち針や重しで固定しましょう
  • 型紙に縫い代込みか縫い代なしかを確認しましょう
  • どのパーツをカットするのか確認しましょう

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です