【作品作りポイント】巾着作りのポイント

無題巾着袋は、サイズを違えて何個も用意するよう

幼稚園から説明がありました。

結構なんでも巾着に入れてます。

 

参考までに、みねママ長男の幼稚園では・・・

体操着袋、ジャージ袋、お弁当袋、コップ袋、

続きまして~

エプロンと三角巾を入れる袋、

預かり保育でもらうおやつを乗せる皿を収納する袋(長い)

ピアニカホースをいれる袋(入園後しばらくしてから用意)

の計7個のラインナップ。

 

こんなにたくさんの巾着を作成したのなら、もう巾着作りのベテランねっ!

と思われるかもしれませんが(!)、

いまだに巾着を作るのは苦手です。

なぜかって?シンプルそうに見えて実は難易度の高い箇所を秘めているのが

巾着なのです。(おおげさ)

いや、本当の話。

今回入準コムのスーパー裁縫プロ集団から

巾着袋の綺麗なつくり方を聞くまでは、マズイ箇所を隠す変な細工を

ほどこしたりしていました。

そんな長男の巾着、使用しているうちに耐久性的にも、見た目的にも

ちょっと残念になっています。 (気にはなっています・・・。)

先輩ママとしていえること。

とりあえず、制作前に巾着のことイロイロ知っておきましょう。

 

●巾着袋にはどんな生地が向いている?

柄もの生地を選ぶとき

巾着の大きさはどれくらいにするのがちょうどいい?

●タグや名前テープははじめに縫い付けよう

●底布などの切り替えを付けるとき

●巾着のひも通し口を丈夫につくる!

 

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です