【作家さん紹介】オリジナルのこだわりレシピを多数公開、さいたまで活躍の作家・ブロガー咲牛印さきうしさんにお会いしてきました!

入園シーズンが落ち着き、今年はたくさんの作家さんにお話伺うことを目標の一つにしているうちまるです。
そのスタートに、オリジナルレシピをたくさん掲載したサイト「咲牛印のつくること。」の運営者さきうしさんにお会いしてきました!
作家さん紹介コーナーに分類しましたが、作家さんという枠に収まらない、多彩な方。これで終わりでなく、今後長くお付き合いしたい、気さくで回転の速い素敵なママさんです(^^)v

オリジナルのおむつポーチは型紙と詳しい作り方を公開!

わたし、このおむつポーチの作り方ページを見た時からずっと、ぜったい今年この方にお会いしたいと思っていたんです。
作られてる物もなるほど!と思うアイデアが詰まってて丁寧なものが多く、ブログでの説明もとっても丁寧で、ほんとに驚いたんです。この1ページにどれだけ時間かかっただろう・・・と思って。

「おしりふきがさっと取り出せるおむつポーチ(Bitatto付き)の作り方」はこちら♪
咲牛印さんオリジナルのおむつポーチ

ご自分の子育て中に使ってたという作品を見せてもらいました。いろいろ試行錯誤した経緯が分かってますます共感!
咲牛印さんオリジナルの便利満載おむつポーチ

 

地元さいたまでワークショップも多数開催

さいたまには、「ままの*えん」っていう、ママたちが能力を生かして生き生きと活動できる場を作るネットワーク組織が、あるんだそうです。今回さきうしさんを通じて初めて知りました。

さきうしさんはこの団体の「ハンドメイド部」で、いくつものワークショップの講師としても活躍中。
今年の2,3月に実施した「入園・入学グッズ作成交流会」は、託児+ミシン+アドバイザーの3つが付いて、会員以外でも参加費900円!ということで大盛況だったそうですが、ここでもさきうしさん、オリジナルのレシピを紹介。

「かんたんキレイ巾着の作り方」はこちら♪

一般的な巾着の作り方にある、「ひも通し口をコの字型に縫う」という作業がないものを入園ママにおすすめしているとのこと。
分かる~!!私もコの字に縫う作業は面倒で好きじゃないです。裏布を付けてしまうこともできるけど、裁断に倍の時間がかかり、生地代も余計にかかることを考えたら、これがいいって思ったそうです。ものすごく納得。
咲牛印さんが入園ママにおすすめする巾着作り方

カルトナージュの講師もされてます。私にはまだ未知の世界ですが、楽しそう♪

「ままの*えん」のカルトナージュワークショップ

「ままの*えん」のカルトナージュワークショップ

 

ハンドメイドを「仕事」にすることについて

さて、わたしがいちばん聞きたかったこと、それは、「ハンドメイドに関わる人のこの先の生き方」。

家事や子育てとのバランスをとりつつ、得意なことを生かして社会参加していけるのが理想で、私のサイトもそれを応援する場の一つになりたいとずっと思ってきました。でもハンドメイドで一定の収入を得ていくのはそう簡単ではなく、また、特に女性は子育てのステージによっても状況が変わってきます。子どもが大きくなると時間もできるし出費も増えるから、外で働きたくなる人も増えるんですよね。

そんな中、この世界でがんばって積み上がっていってる方たちの、「この先」を知りたくて。

さきうしさんの、これまでいろんなこと試してきた経緯も伺いました。おむつポーチでは作家として活動しているし、オーダーを受けて製作したこともある、最近はレシピの公開でサイトへのアクセスが増えてそれに比例してサイトからの収入も増えてきているとのこと。さらに、「ままの*えん」で経験したことを生かして講師として独立していく道もあります。

「去年は下の子を未就園児クラスに入れ、夏休みまではハンドメイドにどっぷりつかってどこまでやれるか試してみた。今年もどれくらい利益を出せるか、ということを考えて本気で挑戦してみようと思っている」とさきうしさん。

地元で着々と経験を積んでサイトのファンを増やしていってる彼女がとてもまぶしいうちまるでした。(できれば一緒におもしろいことやってみたいですv)

 

 

 

uchimaru

三児の母です。手作り大好き。でもそれよりもっと、たくさんの手作りママのサポート、入園準備に四苦八苦する(過去の私のような)ママのサポートがやりたくて、「入園・入学準備てづくり.com」運営はじめました。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です