どこを縫えばいいのかな?出来上がり線を縫うには?

どこを縫えばいいのかな?

布を合わせて
待ち針でずれない様にとめて
ミシンで縫いましょう。

布に縫う場所の目印、線も何も書いていません。

どこを縫ったらいいのか?
布に何も印がないので
縫う目印が無く
どこを縫っていいのかわかりません。

何も目印が無いと
初心者ですので縫い目もゆらゆらしてしまいます。

どうやって縫い代分を縫うの?

縫う場所は縫い代を取った分を縫う
ミシンで縫う場所は
縫い代を取った分

縫い代1cmなら1cm、
1.5cmなら1.5cm

生地の端から縫う事がわかりました。

自分で出来上がり線を書きました
縫う場所がわかるように
カットした後に
定規で生地の端から1cm測りました。

目印になる線を引いて
書いた線の上をミシンでゆっくり縫っていきました。

縫い代1cm

出来上がり線を引く作業は大変だった

出来上がり線を布に書いたので
縫う目印はわかるようになりました。

この出来上がり線を書く作業
ひと手間時間がかかります。

普通の定規では端から1cmがよくわからず引きづらい。

暗い色の生地
柄がいっぱいある生地
裏表同じ生地
どこに線を引いたかわからなくなりました。

大きい洋服になると
線を引く作業
とても時間がかかりました。

目印になる所を決める

「ミシンは布を通す場所を決めて
布を送れば真っすぐ縫えるのよ。」

と教えてもらった事を思い出しました。

布を通す場所はどこ?
どこかに目印になるところはないか?

ミシンをよく見てみると
針板に1、2と目盛りがついています。

私が持っているミシンは
0.5cmの幅で
1.0cm、1.5cm、2.0cm、2.5cm、3.0cm
線が書いてありました。

針板目盛り

目印にそって布を送る

この針板の目盛りにそって布を送って行きました。

縫い代が1cmなら1cmの所を目印にして
布を送って行きます。

そうすると出来上がり線を書かなくても
生地の端から1cm
まっすぐ縫う事ができました。

布合わせ

生地の終わりから1cmで縫い止めたいときは
ここで止めます。
終わりから1cm

きちんと決めた縫い代分を縫いましょう

縫い代1cmってこれくらいかな?
と生地の端から大体で縫っていくと
自分が思っているより
1cmって結構少ないものでした。

1cm前後をゆらゆらミシンで縫い
きれいに作る事ができませんでした。

型紙から布をカットする時に決めた
縫い代分で縫わないと
小さな誤差でもできあがりの大きさが変わります。

縫い代を何cmとったか確認しながら
ミシンで縫うように気をつけています。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です