【作品作りポイント】持ち手を共布で作るとき

レッスンバッグやシューズバッグ、持ち手付の袋物を作るとき、

さて持ち手はどうしましょうか。

持ち手テープをつける、共布をつける、両方をドッキングさせるなど

いろいろな方法があります。

今回は、共布で持ち手をつけることについて考えてみたいと思います。

 

共布で持ち手を付ける良い点は、本体部分のいい雰囲気を壊さずに作品を

仕上げられることですね。

別途持ち手テープを用意しなくてもよい気軽さもあります。

「あら、持ち手の部分も作られたの!?」というできた感があるのも事実。

 

さて、バッグの持ち手というと、大事なポイントが2つ。

まずは丈夫なこと、そして持ちやすいこと、この2つは外せません。

共布の持ち手、ややすると心もとないイメージありませんか。

耐久性はどうだろう、洗濯したあとよれよれにならないかなという一抹の不安。

子どもの持ち物ならば尚更、持ち手がつかみやすく且つ持ちやすい事は

重要度を増すチェック項目となります。

よれよれにならない共布持ち手の作り方として・・・

2.5cmの4倍幅

 

ico_rollarrow

持ち手の出来上がりサイズが

幅2.5cmにしたい場合、

その4倍の幅(10cm)分用意します。

ちなみに、2.5cm位が持ちやすい幅です。

 市販のテープを選ぶときも2.5cm幅を!

 

四つ折りに、芯も
ico_rollarrowここがポイント!

裏側に接着芯を貼ってから

4つ折りにするのです。

接着芯を貼ることで、持ち手に張りが出て

くたっと寝てしまうのを防ぎ

自立する持ち手を実現します♪

そして、両端をまっすぐ縫って、本体部分と縫い合わせると出来上がり!

端をまっすぐ縫うのは、テクニックが必要となってきますね。こちらを参考に♪

 

あと一点、持ち手部分は汚れやすい事を考慮しましょう。

薄い色の生地で作るとかわいいですが、手垢で黒ずんだりするとちょっと残念。

濃い色でパキっと仕上げると引き締まってかっこいいですね。

あとは、まだまだ手の小さな子が持ちやすいように、持ち手の中央部を半分に

折って縫うひと工夫も◎

ママの愛情で、持ち手のことも考えて、より使いやすいバッグに仕上げましょう♪

 

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です