【作品作りポイント】レッスンバッグ・シューズバッグにはどんな生地が向いている?

無題レッスンバッグとシューズバッグは、入園グッズの顔。

使う生地の分量が多く、作り方のバリエーションが豊富、

作り手のセンスがまるわかり、何かと気合が入る

アイテムです。

レッスンバッグとシューズバッグをセットのように

同じ生地やデザインで制作する方が多いようです。

レッスンバッグとシューズバッグを制する者は、入園グッズを制する。

変に煽ってしまいましたが(!)、今回はそんな入園グッズの代表格を作るのに

向いている生地について考えてみましょう。

 

入園準備向けとして出回っている生地の多くは綿100%素材です。

巷で流行りの綿に麻を混ぜた綿麻キャンパスや

ポリエステルと綿から成る綿ポリなどのオリジナリティあふれる素材

が中にはありますが、目にする多くの素材は綿からできています。

ショップでは、「オックス」「ブロード」「シーチング」などといった

主に織り方の分類名で紹介されています。

この織り方と糸の太さによって、生地の厚さが決まってくるのです。

ico_rollarrow生地の種類一覧はこちら★

 

前置きが長くなりましたが、

レッスンバッグとシューズバッグ作りにおすすめの生地を紹介します。

1枚で仕立てることができる生地

●キルティング

無題

元々2重の生地の綿を挟んでいるので、

1枚仕立てでもしっかりと仕上がります。

ふっくらとした見た目とふわっとした手触りが

魅力ポイント。

←リバーシブル(花柄×無地)のキルティング生地

でアレンジした風に仕立ててもかわいいですね。

●帆布

トートバッグによくつかわれている素材と言えばわかりやすいでしょうか。

11号帆布がバッグ作りには一般的。

張りがあってしっかり丈夫なので安心。

園グッズは洗濯が必須なので、帆布で作る場合は水通しを必ずした方が◎

裏布を付けたり、裏生地に使ったり、底布に使ったりしてもいいですね♪

●10番オックス

11号の帆布と同じくらいのしっかり感がある厚手の生地です。

表地に使って、裏地に薄手の生地を合わせてももちろんOK

②裏地を付けたり接着芯をつけて仕立てるとよい生地

●オックス

入園準備向けの代表生地。種類が豊富で柄物もいろいろ出ているので、

選ぶのが楽しい生地です。

張りがあり縫いやすいので、初心者ママにも扱いやすいのが魅力ポイント。

1枚で仕立てるには、強度的に不安なので組み合わせて作ることをおすすめします。

●綿麻キャンパス

デザイナーさんの新作に使われている旬の生地。

おしゃれ感度の高い人に人気のリネンを混ぜているので、いい感じの

ナチュラル感がプラスされています。

裏地使いにおすすめの薄い生地

●ブロード

●スケア

表地には心もとなくても、裏地で使えばGOOD。やわらかで薄手の素材です。

無題

 

キルティングを裏地に、表地に綿麻キャンパス

やオックスを組み合わせたレッスンバッグ!

キルティングによる安定感と

柄生地使いのおしゃれさ、どちらも楽しめる

おすすめの作り方です。

 

丈夫さを優先した上で、生地を組み合わせたりアレンジしたり、

オリジナリティーが出せるのが、レッスンバッグ&シューズバッグ。

ゆっくり丁寧に作れば仕上がりもバッチリ!

生地選びから楽しんじゃいましょう♪

 

 

♪生地販売のユザワヤさんとコラボで、

裏布にキルティングを使ったレッスンバッグレシピをご紹介中です!

レシピから直接、使った生地のショップページにもリンクしてますよ♪

653651 674 685

 

 

 

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です