【生地の種類*オックス】入園・入学用生地の代表格。扱いやすく、種類も豊富。

入園入学用にプリント生地が豊富に販売されている代表的な生地。丈夫だけど柔らかく、適度な張りがあって加工もしやすい、初心者にもオススメの生地です。

オックス生地の目目が詰まっていてしっかりした生地。
オックス生地張り具合張りがあり、お山にしてもぴんっと立ちます
こちらの生地を使いました♪

 

他の生地と比べてみます

この写真だけみてもよく分からないと思うので、この生地の拡大写真を、他の生地と比べてみます。写真の中で枠にしているのは刺繍用の糸4本(赤系)、長さは5cmです。

比較した生地は、シーチング・ブロード。糸の太さがぜんぜん違うのが分かるでしょうか。この糸の太さと、あとは織り方などで生地の厚さや張り感が変わってきます。

今回のものは、厚さで言うと、オックス>シーチング>ブロード、です(同じ生地名でも糸の太さによって厚さは変わります)。織られてる糸が細いほど、薄くてなめらかな生地になるの、分かります?

oxford001

これがオックス。太めの糸で、でも目がしっかり詰まっているのが分かります?

sheeting001

これがシーチング。今回取り上げたオックスと比べるとずいぶん糸が細いです。

broad001

こちらがブロード。シーチングよりさらに細い糸で織られていて目が細かいのが分かります。

 

ico_rollarrowこの3点を比較してみた記事 こちらも、参考にしてみてくださいね。

 

オックス生地の使いみちなど

<レッスンバッグ、シューズバッグ>

キルティングではない生地で作りたい場合や、園からの指定で通園かばんに折りたたんで入れられる薄手のバッグにしなければならない場合、などにいいでしょう。持ち手を付けるバッグの場合、一枚仕立てではどうしても少し頼りないバッグになってしまいますので、裏布を付けたり、もしできれば芯地を貼るなどのひと手間をかけるとよいでしょう。

<巾着、お弁当袋、コップ袋など>

オックスは、体操着入れなどの巾着にぴったりの生地です。お弁当袋やコップ袋にもちょうどいいです。小さい子の巾着としては、ややかためで紐をしぼりにくく感じることもあります。紐通し部分を広くするなど工夫してあげるといいでしょう。

<スモック、エプロン>

張があって丈夫なので、エプロンやスモックにも向きます。私もオックス地のスモックをいくつか使ってきましたが、3人の子どもたちに長期にわたって愛用され、大活躍しました。主に家用に使ってきましたが、比較的しわになりにくく、下のお洋服まで汚れがしみこむことも少なくて、私は気に入っていました。

ただ、ブロードなどに比べるとやや厚手なので、夏場には暑く感じますし、蒸れやすいと思います。園で一括購入するようなスモックは、たいていはもっと薄手のブロードなどの生地が多いですね。あと、直接肌に触れる部分が少なめなので綿100%とは限らず、多少ポリエステルが混じってしわになりにくい生地だったり。

年間を通して一つのスモックを使い続けるのでしたら、オックスより少し薄手の生地で作る方がいいかもしれません。

ico_rollarrowオックス生地とだいたい同じような厚さの生地 は、こちらを参考にしてみてくださいね。

 

オックス生地の生地巾とお値段

詳細な調査をしたわけではありませんが、入園・入学準備用として出回っている柄生地を見てみたかんじでは、110㎝ほどの幅、1mあたり700円前後くらいのものが多いようです。柄によって値段の差が大きく、旬な柄だと1mあたり1500円近くするものもあります。

同じような厚さで近年人気の綿麻キャンバス生地は、柄生地なら1mあたり1000円以上するものが中心ですので、多少、オックスの方が経済的かもしれないですね。たくさん作るものがある場合は、合計のお値段がだいぶ違ってきますので、参考にしてみてください♪

 

オックス生地の用途(例)

レッスンバッグ・シューズバッグ・体操着袋・お弁当袋・コップ袋・着替え袋・スモック・エプロン・三角巾・ランチョンマット・鍵盤ハーモニカ入れ・リコーダー入れ・底布・裏布など

ico_rollarrowオックス生地を探してみる
 

ico_rollarrow生地の種類一覧(厚手・薄手の分類など)の記事はこちらからどうぞ♪

 

入園・入学準備てづくり.comトップへ

uchimaru

三児の母です。手作り大好き。でもそれよりもっと、たくさんの手作りママのサポート、入園準備に四苦八苦する(過去の私のような)ママのサポートがやりたくて、「入園・入学準備てづくり.com」運営はじめました。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です