【作品作りポイント】レッスンバッグの大きさの目安

無題レッスンバッグの標準的な大きさは、

縦(高さ)30cm×横(巾)40cm

です。

幼稚園からサイズ指定がある場合は従うとして、

自由に作っていい場合は、

上記の一般的なサイズを真似て作ると、ちょうどよいでしょう。

レッスンバッグの用途は、通園・通学バッグに入らないものをいれることです。

週初めの月曜日と週末金曜日は荷物が多く、レッスンバッグの出番DAYです。

学校の場合は、始業式明けや終業式前の時期、二度見してしまうくらい

荷物を抱えた小学生を見かけることがあります。

(私が小学生のころ、レッスンバッグはなく風呂敷に包んで荷物を

持ち帰っていた記憶がうっすらあるのですが・・・なんだったのでしょうか。)

 

幼稚園の場合は、絵本・お絵かき帳・作品類・シューズバッグ・体操着袋・・・

時にパンパンになるくらいの量をレッスンバッグにいれています。

みねママ長男の園では、お泊り保育の持ち物をレッスンバッグにいれて

旅行バッグとして使いましたっけ。

小学生になると、お道具箱や算数セットなどおおものを持っていったり

持って帰ってきたり・・・。

そう、レッスンバッグは丈夫さが命。

そして同じくらい重要なポイントが中身を落とさないことではないでしょうか

幼稚園から持ち帰ってくる作品、紙でできた立体的なヤツ、

軽いゆえにレッスンバッグから落下しやすいです。

持ち帰るもの、持って行くもの、中身がバッティングしてしまった時、

入れやすくて収まりやすくするために、バッグにマチを付ける工夫もおすすめ。

マチ1~1

そして、持ち手の長さも少し考えてみたい箇所です。

お子さんが手で持ってみて、バッグの底が地面に擦れない長さであること。

まだまだ小さな年少さん、引きずっていつの間にか底に穴が!!なんて

エピソード聞いたことがあります。

小学校では、レッスンバッグを自分の机の横にかける場合があるそうです。

持ち手でぶらさげるのではなく、フックにひっかけやすいようなひもを別途

つけてあげるのも◎

653

こちらでフック付きのレッスンバッグレシピご紹介してます!

 

ポイントは、中身が落ちない大きさ・物の出し入れがしやすい広さ・

お子さんにジャストフィットした持ち手、というところでしょうか。

使いやすいよう工夫を凝らせるのは、手作りの醍醐味。

素敵な通園・通学の相棒をハンドメイドで♪

 

 

 

♪生地販売のユザワヤさんとコラボで、

裏布にキルティングを使ったレッスンバッグレシピをご紹介中です!

レシピから直接、使った生地のショップページにもリンクしてますよ♪

653651 674 685

 

 

 

 

 

 

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です