【作品作りポイント】シューズバッグ大きさの目安

3年保育の入園時、年少さんの上履きサイズは平均16cm、

卒園時には20cmに成長します。

ここで、ひとつ試してみました♪

縦(高さ)25cm×横(巾)14cm×マチ6cmのシューズバッグを用意しました。

(※当サイトで「マチなし標準サイズ」とご紹介している

縦(高さ)28cm×横(巾)20cm×マチなしでもほぼ同じです)

試しに、年長さんサイズの19cmをいれてみましょう!

無題年長19cm_2

中にきちんと収まっていますね。

上履きの一番高さのあるかかと

の部分も窮屈そうでなく、

余裕をもって入っています。

 

では、このサイズを小学校にいっても使えるかというと・・・

小学生中学年のサイズ22cmの上履きをINしてみました!
中学年22cm_2
きつきつですね~。はみ出してしまいます。

折り重なってやっと入っている感じ。

縦30cm×横14cm×マチ6cmのシューズバッグ゙は

もうサイズアウトということがわかります。

 

縦(高さ)25cm~30cm  横(巾)15cm~23cm に、マチを4cm~6cm程度

つけたシューズバッグが入園準備品として売られている一般的なサイズです。

小学校にいっても長く使いたい場合は、標準サイズよりも大きめサイズで、

在園時に扱いやすいサイズにしたい場合は、

改めて作ることを前提に、標準サイズにならって作るといいでしょう。

汚れやすく洗濯頻度が高いので、幼稚園時代使い倒して、

入学のタイミングで、サイズアップしたものを作りなおしてもいいですね。

 

サイズと同じくらい、重要ポイントが出し入れのしやすさです。

かかとをもってスッと引いたときに、すんなり出てくるよう

裏地を付ける場合、すべりがいい素材で作ると、

出し入れの際、上履きが引っかからないでストレスフリー。

みねママの長男のために作ったシューズバッグ、マチが付いていないのもあって、

上履きを出すとき毎回裏地が一緒にべろんとでてきます。

何とも使いずらい・・・。

底と脇をミシンor手縫いで合わせて裏布がひっくりかえらない対策

をあらかじめ施しておくのも一案です。

逆に、裏布を引き出せる状態にしておくと、

引っくりかえしてほこりを出したり、

洗濯をした時に干しやすかったりという利点があります。

好き好きでお選びください♪

 

 

集団生活の中で、頑張って靴を履きかえるお子さんの姿を想像しながら、

頑張れ~!の気持ちをたくさん込めて、使いやすくて

ステキなシューズバッグを作ってあげましょう♪

 

 

 

 

 

 

 

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です