【生地の種類*シーチング】価格もお手頃、種類も多く使いやすくて便利!

「シーチング」というだけあって、もともと「シーツ用生地」の意味。ブロードに比べると厚みがありますが目は粗めなので通気性がよく、手縫いもしやすいと思います。?

シーチング生地の特徴など

厚みは、オックス>シーチング>ブロード、というかんじ。適度な厚みのわりに安くてかわいいものが多いのでいろんな用途に活躍しそうです。レッスンバッグにするには少し薄手だけれど、スモックや巾着、お弁当袋にはぴったりな感じだと思います。やや目が粗めなので、表面がほんの少し毛羽立って見えるものもあります。この雰囲気は、CBポプリンと似ていると思います。

ico_rollarrowオックス・シーチング・ブロードを比較してみた記事 も参考にしてみてください

 

メイン生地として使うだけでなく、使いまわしのききそうなオーソドックスな柄の生地を安くでたくさん買っておいて、裏布や底布に使うのもいいでしょう。手作りでも材料をあれこれ揃えるとけっこうな額になるものですから、メインとして際立たせたい生地以外は単価の低くてかわいい生地を使いまわすのも賢いやり方だと思います。

無地のシーチングは、洋裁の仮縫い用にもよく使われています。10mで1000円や2000円(10mで、ですよ!)、といった値段の生成のシーチングをたまに見かけますが、仮縫い用に使われるんだと思います。

シーチング生地の目
目はちょっと粗めです
シーチング生地張り具合
オックスとブロードの中間くらいの厚さかな。

この生地を使いました♪

シーチング生地の用途(例)

体操着袋・お弁当袋・コップ袋・着替え袋・スモック・エプロン・三角巾・ランチョンマット・布団カバー・裏布など

ico_rollarrowシーチング生地を探してみる
 

ico_rollarrow生地の種類一覧(厚手・薄手の分類など)の記事はこちらからどうぞ♪

 

入園・入学準備てづくり.comトップへ

uchimaru

三児の母です。手作り大好き。でもそれよりもっと、たくさんの手作りママのサポート、入園準備に四苦八苦する(過去の私のような)ママのサポートがやりたくて、「入園・入学準備てづくり.com」運営はじめました。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です