【材料はなにを買う?】生地編

手作りするための材料、なにはなくともまずは、生地が必要ですよね。

生地の種類や特徴をお勉強して、この素材の生地で作ってみたいな・・・、この生地と

この生地を組み合わせてみようかしら・・・、イメージが膨らみますね。

 

ここでは事前準備として、生地を購入する前におさえておきたいポイントを紹

介します。

 

レッスンバックを作る場合・・・

キルティング素材や帆布などの厚地の生地で作る場合は、1枚で作ってもしっかりと

丈夫に出来上がります。

では、ブロードなどの薄地の生地で作る場合は、どうでしょうか。

1枚仕立てだと、なんだか心もとない仕上がりですよね。

レッスンバックに園から持ち帰ってくる絵本や作品など、ちょっと重いものをいれ

ると、壊れてしまうのでは・・・不安がよぎります。

親として、制作者として、一番避けたい事態です!

薄地の生地を使いたい場合は、接着芯裏布(中袋)をつけることで、丈夫なバッ

クにすることができます。

「接着芯」、なんとなく聞いたことがあるような。なんだろう・・・。

接着芯」というのは、薄い布に接着樹脂がついた芯地です。

補強したい布地に、アイロンで接着して張りや強度をあたえます。(シールタイプもあります)

美しいシルエットを保ったり、型崩れを防いだり、縁の下の力持ちです。

ちなみに、「接着芯」には種類があるんですよ。

●織り地タイプ

強度があり、保温性に優れている。表布とよくなじむ。

●編み地タイプ

伸縮性があり、表布との馴染みがよく、風合いやわらか。

●不織地タイプ

紙のような質感で、軽くてしわになりにくく、通気性がある。

 

 

裏地をつける場合は、裏布の分の生地が必要になりますが、縫い代が全部隠れるの

で、袋をのぞきこんでもきれいなところしか見えない!というメリットがありま

す。初心者さんには助かりますね。

表地に切り替えをつけて、2枚の生地を組み合わせてみようかな・・・底の部分はこの

生地で・・・といろいろ組み合わせをイメージするのは楽しい時間ですね。

みねママは、長男のレッスンバック、切り替えありの裏地付のものを作りました

よ。(柄は、ふみきり&電車!)

コップ袋などの強度を必要としないものには、接着芯や裏布は特に必要ではないで

す。キルティングなどの厚い生地で作るよりも、薄地の生地で、1枚仕上げでオッケ

ーです。

それから、コップ袋やお弁当袋など小さめのグッズ作りに関して、ひとつアドバ

イスです。

大柄のプリント生地を使うのはやめましょう。

(そんなこと言われなくても・・・という声がきこえてきそうですが。)

お弁当袋、コップ袋、ランチョンマット・・・お弁当関連のグッズを作るのに、絶対使

いたい!と思っていた生地がありました。

動物が一面に描かれた大好きな北欧の生地です。

意気揚々と、生地を裁断しているときに気づいたのですが、柄が大きすぎて、

コップ袋の大きさにするとなんの動物だかわからない・・・おまけに巾着は、ひ

もできゅっとするのでもっと絵柄がわからない、ということを。

・・・とてもいい勉強になりました。

レッスンバックに使うと、大柄のプリントのものは「ばん!」と映えますね。

(柄のとり方を考える必要はありますよ!中心に柄がくるように裁断したり)

生地の素材によって作るものの向き不向きがあるように、生地の柄によっても、

なにをつくると素敵になるかな、と購入する前に考えてみたらよいですね。

ストライプやボーダー柄、上下がある柄などは、ちょっと注意が必要ですよ。

入園・入学準備てづくり.comトップへ

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です