【作品作りポイント】Dかんを縫うときに気を付けたいこと

シューズバッグの袋口をとめるのに、

Dかんとアクリルテープを使うのはポピュラーなかたちです。

今回は、Dかんを通すテープについてとりあげてみます。

左が1.5cm右が2.0、短い方がすっきりかわいい
さて、上の写真を見てください。Dかんを通すテープの長さ

(赤で囲んでいる箇所)

どちらの方が見た目的に良いと思いますか?

・・・・好みの問題なのは承知の上ですが、

左側の方がすっきりした印象を受けませんか?

左の方が短めのテープとなっています。

 

Dかんは、アクリルテープを通して使うのが一般的。

持ち手を本体に縫い付けるとき、実はちょっと大変です。

アクリルテープは厚手、その上、ミシンで縫うときに

「おさえ」とDかんがぶつからないように

神経を集中する必要があります。

 

2.0のとき(裏布なしタイプ)。押えまで余裕あり縫いやすい

 

 

Dかんをつけたテープをまさに縫っている

シーンです。

ちなみに袋口の部分からDかんをつけた部分の

テープの長さは2.0cmとってあります。

ミシンのおさえの部分とDかんの位置はスキマがみえます。

余裕を持って縫えますね。

 

Dかんを通したテープを挟んで縫っています。1.5のとき(裏布付きタイプ)
お次は、1.5cmの場合です。

今度は、裏布付のものを縫っています。

Dかんを通したテープを挟んで縫っていますが、

ミシンのおさえとDかんがぶつかるか?

ぶつからないか?ぎりぎりの感じですね。

1.5cm以上短くしてしまうと、

おさえがDかんにぶつかって

ミシンが進まないなんてこともありそう。

 

 

 

左が1.5cm右が2.0、短い方がすっきりかわいい

  (左:1.5cm)   (右:2.0cm)

入準コムの裁縫部隊に聞いたところ、1.5cmが短くて見ためすっきり、

且つDかんとぶつからずミシンが進むぎりぎりの長さとのことです。

先に仮止めしてから、ゆっくりミシンを進めていけば大丈夫。

頑丈に作ってあげましょう♪

 

 

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です