検索条件

アイテムタイプから検索
 縦 
 横 
マチ
着丈
身幅
袖丈
着丈
身幅
 縦 
 横 
マチ
 縦 
 横 
マチ
 縦 
 横 
マチ

カート・比較リスト

商品点数:0

  • クリエイター
Creatorslist
  • このサイトについて
About Us
  • お問い合わせ
Contact
手芸用品・生地・ホビー材料専門店 ユザワヤ
ユザワヤコラボレシピ一覧
ユザワヤコラボレシピ一覧
ホーム > レシピをさがす > レシピ詳細

移動ポケット☆ふたが柄生地【ティッシュなし・マチなし】*ユザワヤ×入準コムコラボレシピ*

縦11cm X  横13cm X  マチ0cm

拡大写真

クリエイター:  入準コム

オリジナルクリエイター:  入準コム   オリジナルレシピです

参考レシピサイト :
  http://nyujun.com/project/detail/39

アイテムタイプ

裏布: 裏あり
切替: 切替あり
マチ: マチなし
持ち手タイプ: クリップ
持ち手素材: クリップ
ひものタイプ: クリップベルト
ひも素材: 共布で作る
ポケットタイプ: ポケットなし
入れ口タイプ: 本体と一体型のふた付き(裏あり)

アイテムサイズ

ひもの幅:1cm
口布サイズ:縦11.0cm X 横13.0cm

生地の使い方

コメント

*ユザワヤ×入準コムコラボ*移動ポケットを50cmで3点作れるレシピ♪(上記URL)  ☆上下の方向がある柄生地を、ふた部分に使うタイプの作り方です。

材料

※縦・横は、縫いしろを含んだ長さ、上下左右は縫いしろの長さです。

パーツ 縦 X 横 (縫いしろ込み)
メイン生地 35cm  X 15cm 1.0 1.0 1.0 1.0
切替用生地 35cm  X 15cm 1.0 1.0 1.0 1.0
ひも用生地 4cm  X 15cm 1.0 1.0 1.0 1.0
 ※A,Bの長さ 11cm - - - -
 ※C,D,E,Fの長さ 11cm - - - -
クリップ 1セット - - - -

作り方

1.サイズはこちらを参考に

縦・横・マチの長さはこちらの図を参考にしてください。
*ユザワヤ×入準コムコラボ*移動ポケットを50cmで3点作れるレシピ♪ で作成する場合はこちらの裁断例を参考にしてください。 <注意>柄の配置を考えない場合の裁断例です。実際は、見せたい柄の出し方を考えつつ裁断してください

2.生地を裁断します

材料図の通りに生地を裁断します。※左側に置いているのは型紙です。こんな簡単なラインを切るのに型紙を作ったのは・・・
型紙を使ったのは、きれいに柄を出すためです。トレーシングペーパーに『ふた表』になる部分を書いて生地に当てて裁断ラインを決めました。

3.クリップベルトを作ります。

クリップを取り付けるためのベルト部分を作ります。今回は生地が薄めだったので、幅2cmの接着芯(分量外)を付けてみました。生地を8cm幅にして厚めに作っても可です。
4cm幅に切った布を、4つ折りにします。
折った布の端をミシンでステッチします。

4.2枚の生地を縫い合わせます

2枚の生地を中表(表面が内側に合わさるようにして重ねること)に合わせて、図の線の部分を縫います。「返し口」とかかれた部分は、最後に裏返す部分になりますので、開けておきます。左向きの矢印は、メイン生地の柄の方向です。
返し口の部分はほつれやすいので、返し縫いをします。
<糸について>2枚の生地の色が大きく違いますが、今回、2枚を縫い合わせるときはピンクの薄い方に糸の色を合わせました。
<糸について>HP用なので糸2種類使いましたが、自宅用なら迷わずピンクか白系1種だけで全部縫ってしまいます(^^;
端から端まで縫った方(返し口がない方)の縫い代を、アイロンで押えて開きます。

5.クリップ固定用のベルトを縫い付けます

いま縫いしろを開いた部分の表面に、クリップを固定するためのベルトを縫い付けます。写真のように、縫い目のラインにぴったり合わせて。
端から0.5cmのところと、3.5cmのところ、4か所(画像でマチ針を刺している場所)を縫います。※マチ針はHPの目印用です。実際は消えるペンなどで印を付けるなどしてくださいね。
いまの4か所をミシンで縫います。裏側の縫いしろがきちんと開いていることを確認してから縫ってください。内側の2か所(端から3.5cmの箇所)は特に表に出る部分ですので、返し縫いをしてしっかり縫います。

6.袋の形に折り曲げていく作業です

移動ポケットはこの、折り曲げていく作業がいちばん頭を使うところですね(^^; ここをクリアすればあとはものすごく簡単です。このレシピではまず、ふたの一番下のラインになる箇所を中表の状態で折り曲げて(今回のレシピでは縫い合わせ部分から11cmのところです)、マチ針で留め固定します。写真の左半分、ここがふたになるんだな、と考えながら折っていきます。
次に、底のラインを決めます。まず、まっすぐ開いたこの状態から・・・
右側の上の1枚(先ほど「返し口」を縫ったライン)を左に倒してきれいに折り線を付け、・・・
・・・もう一度右に戻します。この「返し口」を残して縫ったラインが、内袋の底のラインになります。きれいにW字ができたでしょうか。
Wの上のラインは、クリップ固定用のベルトを縫い付けたラインに合わせます。ずれても大丈夫ですが、生地の切替ラインが合っているかが外から見える部分なので、きちんと合わせた方が綺麗です。
底のラインは「返し口」を残して縫ったラインに合わせます。ここは多少ズレがでても外から見えるラインにはならないので、大丈夫です。それぞれ折り線が決まったら、真ん中のラインをマチ針で留めて、折った線がずれないように固定しておきます。

7.脇のラインを縫います

「返し口」を作ったラインの縫いしろを、外側に折りアイロンで押さえておきます。 ↑上のステップで少しずれても大丈夫と書きましたが、むしろ、この縫いしろがある方(内袋になります)のラインが少し短めの方が、裏返した時にきれいに仕上がります。
脇から1cmのラインを、端から端までまっすぐ縫います。
表に返した時にきれいにおさまるよう、縫いしろの部分を片側に倒してアイロンで押えておきます。

8.表に返します。

返し口から指を入れ、中の布を少しずつ引っ張り出していきます。
こんな感じで・・・
表に返せました!

9.返し口を縫って閉じます

内袋の底のラインは、まだ返し口を縫っていない段階。この返し口を縫います。見えない部分なので、ミシンでががっと押さえてしまいましょう。
返し口の開いた部分をミシンで押えています。見えない部分もきれいに仕上げたい方は手縫いでかがり縫いをするのがベストですね。

10.形を整えて、できあがり。

角を目打ちで出します。
アイロンで形を整えたら出来上がり♪
クリップを付けます。今回はユザワヤさんご提供のこのクリップを使いました。
できあがり。
裏側。
PageTopへ