検索条件

アイテムタイプから検索
 縦 
 横 
マチ
着丈
身幅
袖丈
着丈
身幅
 縦 
 横 
マチ
 縦 
 横 
マチ
 縦 
 横 
マチ

カート・比較リスト

商品点数:0

  • クリエイター
Creatorslist
  • このサイトについて
About Us
  • お問い合わせ
Contact
手芸用品・生地・ホビー材料専門店 ユザワヤ
ユザワヤコラボレシピ一覧
ユザワヤコラボレシピ一覧
ホーム > レシピをさがす > レシピ詳細

裏布にキルティングを使ったふかふか巾着リュック

縦45cm X  横30cm X  マチ10cm

拡大写真
材料サイズを計算する

※ボタンを押すとスマホ画面に移動します。移動先の画面で作りたい作品のサイズを指定すれば、材料を計算できます!
※オーダー作品の計算ボタンは他の人には見えません

クリエイター:  入準コム

元クリエイター:  入準コム   元レシピへ

オリジナルクリエイター:  入準コム   オリジナルレシピへ

参考レシピサイト :
  

アイテムタイプ

裏布: 裏あり
切替: 切替あり
マチ: マチなし
持ち手タイプ: 持ち手無
持ち手素材: なし
ひものタイプ: ひも
ひも素材: ひも
ポケットタイプ: ポケットなし
入れ口タイプ: 裏布と合わせて折り込み(別布でひも通し口)

アイテムサイズ

切替比率(切替幅:縦全体):1:5
口布サイズ:縦2.5cm X 横39.0cm

生地の使い方

メイン生地使い方: 「わ」なし
切替用生地使い方: 底が「わ」
裏布用生地使い方: 「わ」なし

コメント

☆マチをとる前のサイズは、縦50cm×横40cmです。 ☆厚みを出すために裏布にキルティングを使い、でもひもをしばるのに力が必要になるのは嫌なので入れ口は薄手の別布で、作ってみました。 ☆ほんとに「ふかふか」なんですよ♪ ☆サイズが大きくたくさん入る分、重みが出た時に負担がかかる部分の強度が出るようなレシピになっています! ☆サイズ変更するときは、アイテムサイズ>口布サイズの「横」の長さも一緒に調整してください。

材料

※縦・横は、縫いしろを含んだ長さ、上下左右は縫いしろの長さです。

パーツ 縦 X 横 (縫いしろ込み)
メイン生地① 35.5cm  X 43cm 1.0 1.0 1.5 1.5
メイン生地② 35.5cm  X 43cm 1.0 1.0 1.5 1.5
切替用生地 30cm  X 43cm 1.0 1.0 1.5 1.5
裏布用生地① 52cm  X 43cm 1.0 1.0 1.5 1.5
裏布用生地② 52cm  X 43cm 1.0 1.0 1.5 1.5
入れ口用生地① 7cm  X 80cm 1.0 1.0 1.0 1.0
入れ口用生地② 7cm  X 80cm 1.0 1.0 1.0 1.0
ひも① 150cm - - 35.0 35.0
ひも② 150cm - - 35.0 35.0
ループ用テープ①(幅2-3cm) 7cm - - 1.5 1.5
ループ用テープ②(幅2-3cm) 7cm - - 1.5 1.5

作り方

1.生地を裁断します

材料サイズを参考に生地を裁断します。

2.表布3枚を合わせ1枚にします

メイン生地1枚目と底布生地を中表(※)に合わせて縫います。※中表・・・生地の表と表を内側に合わせること
次に、もう1枚のメイン生地と、底布用生地の反対側の端を同じように中表に合わせて、縫います。
縫い合わせた部分を、アイロンで押さえます。両側の縫いしろを合わせて底布側に倒します。
底布側の、切替ラインから2mmくらいのところにステッチをかけます。
これで1枚の表布になりました。

3.裏布2枚も縫い合わせて1枚にします

裏布も同様に、2枚の生地を中表に合わせて縫い合わせ、・・・
縫いしろを片側に倒してアイロンで押さえ、ステッチをかけます。特に今回のように表布が薄手の生地の場合、裏のキルティングで重さを支えますので、補強のためにこの作業はやっておいた方がいいと思います。
裏布も、1枚の長い布状になりました。

4.ひも通しループを付けます

ひも通しループにするための綾テープを「わ」にして、メイン生地の表面に仮止めします。底のラインから「マチの半分の長さ+1~2cm」ほどのところに縫い付けます。
今回はマチが10cmですので、マチの半分の長さ5cm+1.5cm=6.5cmくらいのところに付けています。「わ」にしたテープの、端から1cmくらいのところをミシンで押さえます。
名前テープもこの段階で縫い付けておきます。アイロンで貼るタイプなら最後で大丈夫ですが、本体が袋状になってから縫い付けるのはたいへんなので・・・。写真ではちょっと右に寄っていますが、マチがある分、もう少し左にしてください・・・(^^;

5.ひも通し口を作ります

今回は生地が薄手でしたので、ひも通し口を二重にしたくてこのような作り方をしています。まず、細長い生地の両端を縫い合わせます。
アイロンで縫いしろを割り、縫いしろが真ん中あたり(見えないのでだいたいで。。)に来るように、外表(縫いしろが内側に隠れるように)に折り曲げます。
そのまま、幅半分に折ってアイロンで押さえます。ここがひも通し口になります。二重になっていて、しかも縫い目が見えないので丈夫で安心。でもオックスなど普通~厚手の生地で作る場合は厚くなりすぎてひもをしばりにくくなるかもしれないので注意が必要です。

6.表布と裏布を合わせて袋状にします

ひも通し口用の布をはさみ、表布と裏布を中表にぴったり重ね、入れ口から1cmのところを端から端まで縫います。
ひも通し口用の布は、写真で、下が「わ」になっている状態です。両端が2cmずつあいています。
縫ってます。
縫い終わったところ。表に返すと、目打ちで指したところにひもが通ります。
一度開き、中表のまま表布側・裏布側に分けてたたみ直します。
入れ口部分の縫いしろを割ってアイロンで押さえます。
裏布側に、ひっくり返すための「返し口」を10-15cmほどあけて、両端から1.5cmのところにまっすぐ線を引きます。
入れ口と切替の部分がずれないようにきっちり合わせて待ち針で留めておきます。
裏布の片方の線には、「返し口」を10-15cmほど開けてあります。返し口の手前は返し縫いをします。
「返し口」部分を開けて再度返し縫いをして縫い始め、・・・
入れ口のラインに近づいたら、縫いしろがきちんと開いているか裏側を確認しつつ進めます。
そのまままっすぐ端まで縫い進めます。
反対側の脇線には「返し口」がないので、端から端までまっすぐ縫ってしまいます。
通常は縫いしろをきれいに割ってアイロンをかけるのですが、今回のレシピでは入れ口の部分だけ、しっかり割って押さえておきます。

7.マチを作ります

今回は巾着リュックで、下部に付けたループ部分に負担がかかる作りですので、マチを表・裏一体にする作り方にします。
メイン生地・裏布用生地の角を合わせ、・・・
縫い目のほんの少し内側を、ループ用テープの下のあたりまで縫います。
こんな感じ。最初の縫い目より1-2mmほど外側を、テープの下まで平行に縫いました。
メイン生地・裏布用生地両方の、縫い目から5cm(マチの長さの半分)のところに印を付けます。
メイン生地を三角に折り(マチ針はさっきつけた印の上に目印として差しています)、・・・
裏布の方も三角に折ります。マチ針がちょうど、裏布に付けた印と合うようにします。
印を付けたところを中心に、マチの長さ(今回は10cm)の線を引きます。
裏布側から見たところ。
線を引いた部分を縫って、・・・
1cm残して端を三角に切り落とします。反対側のマチも同様に作ります。

8.表に返し形を整えます

返し口に手を入れ、布を引っ張り出して形を整えます。 ※写真は、4か所のマチを別々に縫ってみたときのものです。
脇の縫いしろの部分は、返し口から手を入れて丁寧に割って整えます。
縫いしろが左右にきれいに広がった状態で、マチ針を打っておきます。
入れ口部分をアイロンで押さえます。

9.入れ口にステッチをかけます

入れ口ラインから2~3mmのところに、ぐるっと1周ステッチをかけます。

10.形を整えてひもを通します

返し口を縫ってふさぎます。手縫いでかがるのがきれいですが、内袋の見えない部分なので、ミシンで押さえてしまっても大丈夫です。
ひもを通します。ひも通しがなければ、安全ピンやヘアピンで代用しても大丈夫です。
底部のループに紐を通して結べば、できあがり。
できあがり。中がキルティングでふっかふか、厚みはあるのにひもをしばるのに強い力も必要なく、いい感じです♪
使用例。ひも通し部分と、ループ部分の強度は重要です(^^
PageTopへ